製薬“脱落組”高まる再編機運 乱戦模様の後発薬市場 (1/3ページ)

2013.4.20 08:15

 特許切れの先発医薬品の有効成分を使った安価な後発医薬品(ジェネリック)の普及促進に向け、厚生労働省が「2018年度末までに数量シェア60%以上」とする新たな目標を発表した。

 後発薬市場は国の施策を追い風に参入が相次ぎ乱戦模様となっているが、厚労省は各社に安定供給と高品質の確保を求めており、“脱落組”が出てくる可能性もある。シェア争奪戦が激しさを増す中、生き残りをかけた業界再編の機運が一層高まりそうだ。

 厚労省は併せて発表したロードマップ(工程表)で、各社に「安定供給マニュアル」の14年度中の作成を指示。業界団体には、メーカーと流通で平均2カ月分以上の在庫を確保し、原薬の調達先を複数持つことなどを盛り込んだ指針を策定するよう求めた。政府は品切れの実態を調べて結果を公表する。

営業を担うMRなどにコストをかける必要がある

  • 社長から突然届く「ホメホメメール」 社員のやる気を引き出す小林製薬
  • 甘さ抑えたポカリ、カロリーを半減 大塚製薬が8日発売

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!