冬でも熱いエアコン市場、各社臨戦態勢 「こんなに売れたことはない」と期待 (1/3ページ)

2013.11.23 07:30

 年末商戦本番を前に、エアコンの販売競争が熱を帯びている。エアコンといえば夏場に売れるという印象が強いが、最近では冬場に購入する消費者も多い。暖房性能が向上したため、これまで夏場にエアコンを利用する習慣がなかった寒冷地を中心に、暖房機器としての引き合いが増えているのだ。来春の消費税増税を前にした駆け込み需要が30万台に上るとの試算も出ており、メーカー各社は販売態勢の整備を急いでいる。

10年前より4割増

 「かつてエアコンがこんなに売れたことはない」

 富士通ゼネラル空調機営業推進部の横尾謙営業専門課長は、エアコン市場全体の動向を示すグラフを片手に、冬商戦への期待を膨らませる。

 同社によると、2013年度の国内向けの出荷は、過去最高の880万~900万台に達する見通しだ。猛暑と残暑のため、この夏の販売が急増したことが主因で、900万台を上回る可能性もあるという。横尾氏は「(消費増税前の駆け込み需要が続く)来年3月までが勝負」と気を引き締める。

 各社はこの冬商戦で、電気料金の値上げを受けてニーズが高まっている省エネ暖房機能を前面に出してアピールしている。

「白くまくん」や「霧ケ峰」は効率よく温める機能が好評

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。