日立、汚染水漏れ調査ロボを開発 遊泳して障害物回避、早期投入目指す (1/2ページ)

2014.3.11 06:22

 日立製作所と日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)は10日、東京電力福島第1原子力発電所内の汚染水漏れを調査するロボットを開発したと発表した。遠隔操作により、水中で障害物を回避するロボットと、配管内や段差のある場所でも移動できるロボットの2機種。日立は今後、資源エネルギー庁や東京電力などと設計面の詳細を詰めて現場への投入を目指す。

 開発した「水中走行遊泳型ロボット」は重量約31.5キロ。水中の床面を走行するほか、障害物がある場合、遊泳して回避する。壁面に吸着して走行できる機能も搭載している。

 「形状変化型ロボット」は重量約7.5キロで、ヘビのように変形し直径10センチの配管を通過できる。また段差のある場所でも平面走行できる。配管を通り抜けた後には形状を変えてカメラ撮影も行える。

三菱重工業も遠隔作業ロボットを投入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。