アイス販売19年ぶり最高 定番商品が好調、冬場の需要も下支え (1/2ページ)

2014.6.12 08:04

 アイスクリーム類・氷菓の2013年度の国内販売額は19年ぶりに過去最高を更新し、4300億円を超えたもようだ。

 昨夏の猛暑で売れ行きが伸び、冬場の需要定着や景気回復も後押しとなって4年連続で4000億円台を維持。森永乳業の「パルム」など各社の大人向け商品も消費者に浸透し、顧客層を広げた。

 主要各社の販売実績などを基に推計すると、13年度の国内販売額は、12年度の4181億円(日本アイスクリーム協会調べ)に比べて3%近く伸長。これまでの最高だった1994年の4296億円を上回り、4300億円を超えたのはほぼ確実となった。猛暑の時期に各社が工場をフル稼働させ、商品を十分に供給できたことも好調な販売を支えた。

「今後、猛暑にならなくても4000億円台は維持できる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。