トヨタ、車に「考える機能」 世界初の対話・提案型ナビ開発 (1/3ページ)

2014.6.19 06:24

 トヨタ自動車は18日、対話しながら目的地を設定できるテレマティクスサービス「ティーコネクト」を開発したと発表した。今夏以降に同サービスに対応したカーナビゲーションを発売する。車に「考える機能」を持たせ、渋滞回避コースや給油所、お気に入りの飲食店などの情報を提供する。インターネットなどで集めた膨大な情報を分析する「ビッグデータ」を用いた開発では自動運転車が注目を浴びるが、ティーコネクトはサービスごとの課金も可能で、さまざまなサービスに活用できそうだ。

 「車が、心を通わせるパートナーになる」

 同日会見したトヨタの友山茂樹常務役員は、新サービスをこう表現した。

 飲食店の情報提供や、渋滞情報を提供するサービスは日産自動車やホンダも手がけるが、対話、提案型のサービスは世界初という。例えば、「明治通り沿いのおそば屋さんを探して」とユーザーが指示すれば、該当するそば店の情報をナビが検索。さらに、「今営業している、駐車場のある店」と対象を絞るよう指示できる。指示がうまく伝わらない場合は、オペレーターがカーナビとの会話履歴を参照しながらフォローする。

機種によっては帰宅前に自宅のエアコンの遠隔操作も可能

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。