「すき家」店舗数が初の純減 7月は11店減少 経営効率見直しで

2014.8.4 14:52

 ゼンショーホールディングスは4日、牛丼チェーン「すき家」の7月末時点の店舗数が1984店で、前月末より11店減少したと発表した。店舗数が前月比で純減したのは、昭和57年の創業以来初めて。

 人手不足による休業店舗は先月末時点で53店残っており、全体収支を圧迫。こうした理由もあって各店舗の収益性を見直した結果、純減につながった。

 7月は、人手不足や改装による休業とは別に、不採算や老朽化などの14店を閉じ、新たに3店出店した。平成27年3月期は30店の出店を計画する一方、4月以降に18店閉じており、今期中に2千店舗の大台に乗る見込みは薄くなった。

 先月閉店したのは、渋谷センター街店(東京都渋谷区)など。同店は平成12年末に出店、すき家の客層を若い女性に広げる看板店舗となったが、賃料が高く不採算のため、役割を終えたとして閉店した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。