マイカー世帯普及台数は「1.069台」で3年ぶり減少 外国人世帯のカウントが影響

2014.8.14 16:09

 自動車検査登録情報協会が14日発表した今年3月末時点の自家用乗用車(登録車と軽自動車の合計)の世帯当たり普及台数は1.069台となり、前年より0.014台減って3年ぶりにマイナスに転じた。

 消費税増税前の駆け込み需要で保有台数は前年比約70万台増加したが、分母となる世帯数を今年から外国人住民を含む数字に変更したため、1世帯当たりの台数は前年水準を下回った。

 協会担当者は「もとになる総務省統計の変更を受けたもの」と説明する。前年と同様に外国人住民を除いて比べると、前年比0.005台増の1.088台で3年連続のプラスになる。

 都道府県別で世帯当たり普及台数が最も多いのは福井県の1.743台で、13年連続のトップ。次いで富山県の1.709台、山形県の1.674台と続いた。最も少ないのは東京都の0.461台だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。