ホンダの超小型EV、阿蘇・天草を快走 熊本県が貸し出し社会実験 (1/4ページ)

2014.8.31 07:10

阿蘇の山並みをバックに快走するホンダの超小型EV「MC-β」

阿蘇の山並みをバックに快走するホンダの超小型EV「MC-β」【拡大】

 1~2人乗り超小型電気自動車(EV)が、熊本の道を快走している。普及を目指す「熊本県小型電動モビリティ導入促進協議会」が、阿蘇や天草など熊本を代表する観光地3カ所で、超小型EVを観光客に貸し出す社会実験を始めた。EVをはじめ超小型モビリティ(乗り物)導入は欧州が先行するが、日本での普及は今ひとつ。まったく新たな乗り物を使った観光ルート開拓など、超小型EVが秘める可能性を探る実験として注目を集める。(谷田智恒)

 実験には、ホンダが開発した超小型EV「MC-β」が使われている。全長約2・5メートル、高さ約1・5メートルとコンパクトな大きさで、リチウムイオン電池にためた電気を使ってモーターを駆動する。大人2人乗り。充電は最短3時間程度。最高速度70キロで、約80キロメートルの走行が可能という。運転には普通自動車免許が必要となる。

 こうした超小型EVは、排ガスを出さず、低炭素社会へ貢献する。また、小回りが利き、子育て世代や高齢者の移動支援、観光客の足としての活用が見込まれる。国土交通省は平成24年度から、自治体による導入取り組みへの支援事業を進めている。

8月9日から天草市でレンタカーとして貸し出しを始めた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。