古河電池が4日連続ストップ高 水で発電する電池に引き続き注目

2014.9.3 18:57

 3日の東京株式市場で、古河電池が朝方からストップ高の1390円(300円高)に達し、4営業日連続のストップ高となった。8月29日に発表した「水を注ぐだけで発電する非常用電池」が引き続き材料になっており、防災関連の需要を見込んで、投資家の買いが入っている。

 発表前日の8月28日のの終値(690円)と比較すると、ほぼ2倍になっている。

 古河電池は、株価について「マグネシウム空気電池に対する世の中の期待があって、発表後から大きな反響を呼んでいる」と分析。一昨年に試作版を作った時も株価が上昇したという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。