「年内110円」予測も浮上 企業業績押し上げも、急変動に警戒感 (1/3ページ)

2014.9.6 05:53

 5日の東京外国為替市場で、円相場が約5年11カ月ぶりの円安水準となった。今春以降、値動きが乏しかった円相場だが、米国の景気回復期待の高まりなどで再び円安に動き出し、市場からは「年内に110円に達する」との予測も浮上している。円安は企業業績を押し上げるプラス要因だが、ここにきて「過度の円安は悪影響になる」と、急速な為替変動を警戒する声も出ている。

 自動車や電機メーカーなどの輸出企業では、円安は円建ての利益を押し上げる効果がある。対ドルで1円円安になると、トヨタでは年間の営業利益が400億円、ホンダで120億円押し上げられる。

 自動車大手が想定する今年度の平均的な為替レートは1ドル=101円前後。円安が進めば利益のかさ上げが期待でき、一段の円安は「歓迎」(大手幹部)だ。

 大和証券が主要200社について、円相場の業績への影響を調べた為替感応度調査では、7月以降、ドルとユーロに対して1円円安が進むと、今年度の経常利益が0.5%押し上げられる。1ドル=100円を前提にすると、製造業では経常利益の増益率は8%だが、1ドル=110円になると18%に達する計算になる。

「105円を超えるとマイナス影響となる産業の方が増える」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。