大阪取引所、ウェブで先物・オプションシミュレーター

2014.10.21 19:17

 大阪取引所は21日、先物などデリバティブ(金融派生商品)売買を、ネット上で疑似体験できるソフトを報道関係者に公開した。27日午前9時から、取引所のホームページで公開する。個人投資家の数が現物株市場の10分の1程度とされるデリバティブ市場に、新たな投資家を呼び込むのがねらい。

 ソフトでは、将来の価格を予想する先物や、ある値段で将来に売買する権利(オプション)の取引を体験できる。売買する途中に国内外のニュースが配信され、市場環境が変化するのが特長だ。まず初心者向けの16種類を公開し、経験者向けも順次追加する。

 デリバティブは、現物株の相場が下落しているときでも利益を確保できる。大阪取引所の担当者は「損失回避手段としての先物、オプションの魅力を体験してほしい」と話している。

 シミュレーターを開発、運営するシンプレクス・インスティテュートの伊藤祐輔社長は「教習所のようにさまざまな相場を体験することで、デリバティブの仕組みが自然に身につくようになる」と話している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。