「32人抜き最年少社長」三井物産トップ人事の舞台裏 後継指名の新モデルにも (1/5ページ)

2015.2.10 06:36

三井物産の3月期連結業績

三井物産の3月期連結業績【拡大】

  • 飯島彰己三井物産社長(右)と握手する安永竜夫執行役員=1月20日、東京都千代田区

 日本を代表する大手商社、三井物産が社内序列32人を飛び越えてトップに54歳という若さの安永竜夫執行役員を起用するサプライズ人事を発表し、年功序列重視の日本企業の新たなモデルとして注目を集めている。財閥系企業での執行役員からの抜擢(ばってき)は異例中の異例、しかも1959年に現在の三井物産として再スタートして以来、最年少社長となる。交代劇の舞台裏を追った。

 人気漫画「島耕作」シリーズの主人公の上司、中沢喜一部長が「35人抜き」で社長に就任する場面をご記憶の人も多いだろう。「山下跳び」と呼ばれた松下電器産業(現パナソニック)の3代目社長、山下俊彦氏による1977年の「25人抜き」がモデルとされるが、三井物産が4月1日付で実施する今回の人事は抜きの数では、これを上回る。

 ホテルで説得

 1月15日午前7時前。ノートだけ持ってくるよう飯島彰己社長から指示された安永氏は、本社の近くのホテルに急いだ。社長後継指名の場面といえば社長室がお決まりだ。飯島氏がホテルを選んだのは、社長人事をめぐり激しさを増すマスコミの夜討ち朝駆け攻勢から逃れようと、ホテル住まいを余儀なくされていたためだ。

「天命と思って受けてほしい」と諭され、覚悟を決めた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。