スカイマーク支援企業、4月にずれ込みも ANAHDに警戒感 (1/3ページ)

2015.3.26 07:05

スカイマークをめぐる相関図

スカイマークをめぐる相関図【拡大】

 スカイマークが東京地裁に民事再生法の適用を申請し経営破綻してから、28日で2カ月。すでにスポンサー契約を結び資金面などで支援している投資ファンドのインテグラルとともに再建を支援する共同スポンサーの選定が当面の焦点だが、時間がかかっており、4月にずれ込む可能性が高まっている。共同スポンサーの候補企業で目玉なのは全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)だが、スカイマーク側は過去の経緯からANAHDに警戒感を持っているようだ。

 「『帯に短し襷(たすき)に長し』といった感じだ」。スカイマーク関係者は、共同スポンサーに名乗りを上げた企業の提案内容の印象をこう語り、必ずしも事前の想定通りではなかったとの見方を示した。

 アドバイザーのGCAサヴィアンを介し、各社の提案内容について情報のやり取りを続けており、月内の選定は難しいとの見方が強まっている。

 共同スポンサーには国内外の航空会社やそれ以外の企業の計約20社が名乗りを上げ、このうち半数強が出資を含む支援を表明した。

中でも注目を集めているのは、国内航空最大手のANAHD

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。