ゲーム市場で進む“逆流”現象 スマホ向けから始まり、アーケードへ展開 (1/5ページ)

2015.4.18 17:12

キャラクターの「艦娘」たちが動き、しゃべり、戦うセガの「艦これアーケード」

キャラクターの「艦娘」たちが動き、しゃべり、戦うセガの「艦これアーケード」【拡大】

  • コナミデジタルエンタテインメントのアーケード版「ディズニーツムツム」とゲームで使えるマスコット

 スマートフォン向けゲームのDeNAと、老舗ゲーム会社の任天堂が資本・業務提携したニュースは、面白いゲームを作って大勢に楽しんでもらう場所が、業務用や家庭用といった旧来からあるゲーム市場に限らないことを世に知らしめた。2月中旬に開かれた業務用ゲーム機の展示会でも、スマホやパソコンで手軽に楽しめるゲームを、業務用ゲーム機に移植したものが数多く出展されていて、ゲームの世界で進む“逆流”を感じさせた。

 「モンスターストライク」「LINE:ディズニーツムツム」「艦隊これくしょん~艦これ~」-。このところ頻繁に名前を聞くこれらのゲームは、どれも家庭用や業務用のゲームから生まれたものではない。「モンスト」はミクシィ、「ディズニーツムツム」はLINEがそれぞれに提供しているスマホ向けゲームで、「艦これ」はDMM.com提供のパソコン向けブラウザゲームだ。

 これらのゲームタイトルが、幕張メッセで開かれた「ジャパンアミューズメントエキスポ2015」に、業務用のアーケードゲームとして並んでいた。コナミデジタルエンタテインメントでは「モンスターストライク MULTI BURST」「ディズニーツムツム」を出展。スマホで使い慣れたゲームを大きな画面で遊べると話題になっていた。

熱烈な「艦これ」ファンを引きつけていた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。