中国人が爆買いする日本の“神薬” 小林製薬のニッチ戦略がスゴい! (1/4ページ)

2015.8.1 17:00

 中国人観光客らによる「爆買い」で人気が高いのが“神薬”とも呼ばれる日本の医薬品だ。とくに昨年10月に中国のネットメディアで「日本に行ったら買わねばならない」と紹介された「12の医薬品」が売り上げを伸ばし、そのなかで5製品が取り上げられたのが中堅大衆薬メーカーの小林製薬だ。なぜ同社の製品が支持されるのか。ニッチでも類似品のない新市場の開拓を目指すオリジナル戦略が中国人らのハートをつかみ、爆発的なヒットにつながっている。(阿部佐知子)

 神薬の売れゆき

 「インバウンドの取り込み策を強化する」。

 7月1日の新製品発表会で、小林製薬の小林章浩社長はこう意気込んだ。

 好調なのが傷口に塗ると皮膜で菌の侵入を防ぐ液体絆創膏「サカムケア」だ。今年4~6月の売り上げが前年同期の5倍以上となった。

 そのほか、皮膚の赤みを改善する塗り薬「ニノキュア」は約1・5倍、額に貼るタイプの冷却用「熱さまシート」は約4割増になった。

売り上げが伸び始めたのが昨年秋ごろだ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。