改正マイナンバー法で銀行負担増 預金者にメリットないが…損保には商機 (1/3ページ)

2015.9.4 07:00

 預金口座番号とマイナンバーを結びつける改正マイナンバー法が3日成立したことを受け、銀行業界は対策に乗り出す。一方、損害保険各社は従業員のマイナンバー情報を盗み取られた場合に備える保険商品の販売を強化している。

 「事務作業が大変だし、預金者のメリットもあまりないので同意が得られるか疑問」。大手銀行の幹部はこうこぼす。

 預金口座番号とマイナンバーを結びつける仕組みは2018年1月に始まる。

 横浜銀行は16年1月に大規模なシステム改修を予定していたが、改正法の成立を受けて、顧客情報に口座番号だけでなく、マイナンバーも登録できるよう対応する。

 マイナンバーを結びつけた場合、金融機関が破綻(はたん)した際に預金者への払い戻しがスムーズになる利点がある。ただ、書類の準備やシステム改修、研修の実施など負担は大きい。

全国銀行協会は昨年、マイナンバーを個人が新規開設する預金口座と結びつける場合…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。