カー・オブ・ザ・イヤーに「ロードスター」、マツダ2年連続 ホンダ「S660」と接戦

2015.12.7 17:39

「2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダ・新型ロードスターを前に握手を交わす山本修弘主査(左)と研究開発担当の藤原清志常務執行役員=7日、東京都江東区

「2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダ・新型ロードスターを前に握手を交わす山本修弘主査(左)と研究開発担当の藤原清志常務執行役員=7日、東京都江東区【拡大】

  • 日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、喜びのスピーチをするマツダ・藤原清志常務執行役=7日、東京・青海(撮影・戸加里真司)
  • 日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、トロフィーを高々と掲げるマツダ・藤原清志常務執行役=7日、東京・青海(撮影・戸加里真司)

 自動車雑誌などで構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は7日、最優秀の「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダの新型スポーツ車「ロードスター」を選んだ。マツダ車の受賞は6回目で、昨年の小型車「デミオ」に続いて2年連続となる。

 2人乗りオープンスポーツカーのロードスターは、初代が平成元年に発売され、新型は4代目にあたる。全面改良は10年ぶりで大幅な軽量化などが施された。

 ホンダの軽スポーツカー「S660」とは41点差の接戦となった。実行委は「作り手の情熱を感じさせるライトウエートスポーツカーとして、でき映えの素晴らしさは誰もが認める。真のクルマ文化を根付かせたいと努力してきた企業姿勢も評価した」と説明した。輸入車部門は、独BMWの「2シリーズアクティブツアラー/グランツアラー」が選ばれた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。