15年新車販売、4年ぶり減少 500万台超えは維持 軽など増税影響 (1/2ページ)

2016.1.6 06:34

 2015年の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年比9.3%減の504万6511台で、東日本大震災の起きた11年以来4年ぶりのマイナスになった。14年の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減に加え、15年4月の軽自動車税増税で軽の販売が落ち込んだことが響いた。ただ、500万台超えは4年連続で維持した。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が5日、発表した。

 このうち軽自動車は、16.6%減の189万6201台で、4年ぶりの前年割れ。14年に40%を超えていた新車販売全体に占める比率も37.6%に低下した。

 単月でも12月まで12カ月連続のマイナスで、苦戦が続いている。軽自動車税増税の影響に加え、14年にダイハツ工業とスズキが年間首位を争って販売攻勢をかけた反動が出ている。15年はダイハツがスズキから首位を奪還した。

16年の国内新車販売は持ち直すとの見方が根強い

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。