国内航空会社、燃油サーチャージ「ゼロ」へ 原油安や円高影響 (1/2ページ)

2016.1.23 07:08

成田空港で離陸を待つ全日本空輸と日本航空の飛行機。燃油サーチャージの負担軽減で、海外旅行がしやすくなる

成田空港で離陸を待つ全日本空輸と日本航空の飛行機。燃油サーチャージの負担軽減で、海外旅行がしやすくなる【拡大】

 国内航空会社が国際線旅客から徴収している燃油サーチャージ(特別付加運賃)が、4月発券分からゼロとなる見込みだ。原油安で航空機燃料ケロシンの市況が下落しているため。足元の円高も影響している。ゼロとなれば2009年9月以来6年7カ月ぶり。

 全日本空輸と日本航空は、シンガポールケロシン市況の直近2カ月の平均価格に基づき燃油サーチャージを見直している。国内発券分は、1バレル6000円を下回ればゼロとする規定。

 20日時点で1バレル33ドル強で円換算すると3800円台まで下がっており、国土交通省に来月申請する4月からの適用額は「ゼロとなるのがほぼ確実」(日航広報)だ。一方、海外発券分の基準は1バレル60ドルで昨年12月からゼロとしている。

国内発券分の直近のピークは12年12月~13年1月

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。