大手不動産、ベンチャー注力 三井不、投資ファンド設立 大口テナントに育成 (1/6ページ)

2016.2.24 07:16

ベンチャー向けの支援策を発表する三井不動産の北原義一取締役(中央)ら=23日、東京都港区の東京ミッドタウン

ベンチャー向けの支援策を発表する三井不動産の北原義一取締役(中央)ら=23日、東京都港区の東京ミッドタウン【拡大】

 大手不動産各社がベンチャーへの支援策を強化している。三井不動産は23日、投資ファンドを設立したと発表。40~50社のベンチャーに向けて投資を行う意向を明らかにした。森ビルは大企業や投資家との交流の場づくりに力を入れるほか、三菱地所は金融とITの融合であるフィンテック関連の企業を対象にした拠点を、東京・丸の内に設立した。若い企業を呼び込むことで街の活性化を図るとともに、企業が成長し大口テナントになってもらう狙いがある。

 「日本発の新しい産業が誕生するのでは、という期待感でワクワクしている。中長期的な視点でじっくり育成したい」

 三井不動産の北原義一取締役は同日、東京ミッドタウンで行われた会見でベンチャーの可能性に対する熱い思いを吐露した。

 同社が独立系ベンチャーキャピタル最大手のグローバル・ブレイン(東京都渋谷区)と共同で立ち上げたのは、事業会社が自己資金によって投資活動を行う「CVCファンド」。規模は50億円でセキュリティーやライフサイエンス、ロボティクスといった今後の成長が見込まれる8分野の企業を対象とする。

ベンチャー支援に力を入れる理由は「国内マーケットが成熟する中…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。