【講師のホンネ】異文化交流の第一歩 岡部佳子 (1/2ページ)

2016.4.20 05:00

岡部佳子

岡部佳子【拡大】

 私の仕事は、マナー研修の講師です。日頃から、外国人の留学生と接する機会も多く、今、振り返ると上海での10年間の経験がとても役に立っています。私は、36歳になるまで、ずっと大阪に住んでいました。ですから、「大阪の日常が世界の? 常識」と思って育ちました。しかし、36歳の時に初めて上海に渡った際は「目から鱗(うろこ)」の連続でした。

 中国では、買った物が家に帰ったら壊れていたということがよくあります。そんな時、日本であれば大抵は新しい物に取り換えてもらえます。しかし、中国では買うときに確認しない方が悪いとなります。近年、来日した中国人が、買ったその場で商品を箱から出し、包み紙を破いて確認している光景が問題視されることがあります。これらの行動は、中国では普通の出来事です。他人に何かを依頼するとき、日本だと多くを伝えなくても期待以上のものが出来上がってくることがあります。しかし、中国では思った通りできていなくて注意をすると、「そんなことは聞いていない。あなた言わなかったでしょ?」と逆に怒られます。「一を聞いて十を知る」は通用しません。詳しく伝えなかったこちらが悪いのです。全て自己責任。自分の身は自分で守らなければなりません。

 外国人専門の専門学校で授業をしていると、学生たちがよく口にするのは「日本人は細かすぎる」ということです。日本人はきちょうめんなのが良いこととされていますが、彼らにとっては少しぐらいやり方が違っていても、結果が合格点に達していればそれでいいのです。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。