今夏のボーナスは寂しい? 昨夏比7千円減 大企業はマイナス 中小企業はプラス

2016.6.18 16:44

 今夏のボーナスはやや寂しい?-価格比較サイトを運営するカカクコム(東京)のアンケートによると、夏のボーナスの平均推定支給額は60万9千円で、昨夏比7千円減となった。夏のボーナス予想としては3年ぶりのマイナスで、使い道でも海外旅行や金融商品の購入のための支出額が大きく減った。

 勤務先の規模別では、500人以上の大企業の平均はマイナスで、500人未満の企業はプラスとなった。

 業種別では、金融業が19・6%減と大幅に下げ、サービス業も9・7%減だった。一方、医療業は13・5%増と大きく伸び、卸売・小売業も6・4%増で続いた。

 一方、使い道(複数回答)は、「貯金」(75・5%)が前年に続き1位となるなど順位に大きな変化はなかったが、平均支出金額は多くの項目で減少した。特に金融商品の購入は29・1%減の11万8026円、海外旅行は26・0%減の11万8098円と減少幅が大きい。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。