映画「君の名は。」が年内に邦画歴代2位浮上へ 興行収入184億円突破、ジブリ2作超え間近 (1/2ページ)

2016.11.15 12:05

映画「君の名は。」の1シーン
映画「君の名は。」の1シーン【拡大】

  • 映画「君の名は。」の1シーン
  • 映画「君の名は。」より

 アニメ映画「君の名は。」が前週末の映画興行ランキングでまた首位となり、公開以来の興行収入は13日現在で184億9000万円に達した。今月中に「もののけ姫」(193億円)を、年内には「ハウルの動く城」(196億円)を抜いて歴代2位に浮上することがほぼ確実な勢い。配給元の東宝では上映期間の越年も決めており、予想外の怪物作品はさらに動員を伸ばす。

 興行通信社によると、12、13日の土日2日間での動員は19万人で、興行収入は2億5900万円だった。1週間で5億2100万円を稼いだ。さすがに上映から今週で12週目とあって、1週間の興行収入は減少傾向にあるものの、ドル箱状態は続いている。

 1週間5億円前後の興行収入ペースが続けば、あと2週間で「もののけ姫」を、3週間で「ハウルの動く城」を抜く計算となる。

 日本映画の歴代興行収入ランキングは、トップが「千と千尋の神隠し」で308億円と、洋画を含めても唯一の300億円超えを達成している。邦画2位が「ハウルの動く城」、3位が「もののけ姫」と上位3作はすべてスタジオジブリの宮崎駿監督作品。この3本のうち直近がハウルで2004年秋公開の作品なので、12年ぶりにジブリのトップ3独占が崩れることになる。

 洋画を含めると、歴代2位は「タイタニック」で262億円、3位は「アナと雪の女王」で254億円余。4位は「ハリー・ポッターと賢者の石」で203億円なので、これを抜くことが「君の名は。」の当面の目標となりそうだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。