北九州の「スペースワールド」が閉園へ 入場者減少で来年末に、当初は新日鉄が運営

2016.12.16 15:43

閉園が決まった北九州市のテーマパーク「スペースワールド」=16日午後
閉園が決まった北九州市のテーマパーク「スペースワールド」=16日午後【拡大】

 北九州市のテーマパーク「スペースワールド」は16日、2017年12月末に閉園することを明らかにした。入場者の減少などが理由とみられる。九州でも有数規模を誇る観光施設に新たな支援企業が現れずこのまま閉園することになれば、地域経済にとっても打撃となる可能性がある。

 スペースワールドは1990年4月に開業。宇宙をテーマにした大型アトラクションが人気を集めた。入場者数は97年度にピークの216万人に達したが、その後は景気の低迷などから減少傾向が続いていた。

 新日本製鉄(現新日鉄住金)から運営を引き継いだ札幌市のリゾート運営会社「加森観光」が経営していた。

 スペースワールドは「誠に残念だが、諸般の事情で閉園することになった。営業終了まで引き続き支援してもらいたい」とのコメントを出した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。