ネット広告主に緻密な戦略で“最大効果” デジタルアイデンティティ (1/2ページ)

2016.12.16 05:00


【拡大】

 □デジタルアイデンティティ・中村慶郎社長

 日本の広告費は、4年連続でプラス成長している。市場全体を牽引(けんいん)しているのがインターネット広告で、ここ数年は年率10%の伸びを示している。こうした中、広告主にとって最も効果が得られるよう、効率的に配信する「運用型広告」事業を柱としているのがデジタルアイデンティティだ。中村慶郎社長は「成長市場をチャンスと捉え、安定的な拡大路線を歩みたい」と話している。

 --インターネット広告のメリットは

 「テレビや雑誌などの場合、費用対効果を明確に表すことができないのに対し、はっきりと明示できる点だ。これを踏まえ当社が力を入れているのは、検索ワードに連動して表示されるリスティング広告やSEO(検索エンジン最適化)対策、サイトの再構築など。緻密な戦略を用いて広告主にとって最も高い効果を上げることにこだわったビジネスを展開している」

 --事業環境は

 「インターネット広告市場は2014年に初めて1兆円を突破した。15年には前年比で10%増と右肩上がりの成長を遂げている。とくに当社が注力している運用型広告市場は15年に22%増と、際立った成長を続けている。IoT(モノのインターネット化)の隆盛に伴って消費生活のあらゆる場面でインターネットが介在していることから、ネット広告の需要はより拡大していくだろう」

 --占いアプリ「ウラーラ」も好調だ

 「売り上げ、ユーザー数とも右肩上がりの成長を遂げている。通常のアプリは占い師が原稿をつくり、コンテンツとして示すだけなので、生年月日が一緒の人は同じ文章が表示されてしまう。しかし当社は、占い師とユーザーがオンラインチャットで直接対話する仕組みを取り入れている」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。