16年の百貨店売上高6兆円割れ 36年ぶり 主力の衣料品落ち込む

2017.1.21 06:47

西武百貨店池袋本店のデパ地下入り口
西武百貨店池袋本店のデパ地下入り口【拡大】

 日本百貨店協会が20日発表した2016年の全国の百貨店売上高(全店ベース)は5兆9780億円で2年連続で前年実績を下回り、36年ぶりに6兆円を割り込んだ。既存店ベースで前年比2.9%減だった。主力の衣料品の販売が落ち込んだほか、インバウンド(訪日外国人)の売上高が減少したのも響いた。

 16年の売上高は化粧品以外、ほぼ全ての商品で前年実績を下回った。特に主力の衣料品が前年比5.8%減と苦戦した。インバウンドは購買客数が18.5%増の約297万人だったものの、円高の影響もあり、免税売上高は5.3%減の約1843億円だった。

 百貨店の売上高はピークだった1991年の9兆7130億円から約4割減少している。要因は郊外の総合スーパーやカジュアル衣料品店「ユニクロ」、インターネット通販のアマゾン・ジャパンなどに顧客が流出しているためだ。最近では三越やそごう・西武で地方店の閉店が相次いでいる。

 日本百貨店協会の近内哲也専務理事は20日に都内での会見で「6兆円を割ったのは百貨店のビジネスモデルが成立しなくなったサインで、(安定的に利益を出すためには)構造改革のスピードを上げないといけない」と語った。

 一方、16年12月の全国の百貨店売上高(全店ベース)は6942億円だった。既存店ベースでは前年同月比1.7%減で10カ月連続のマイナスだった。円安で免税品の売り上げが9カ月ぶりに前年を上回ったが、衣料品や食料品の不振をカバーしきれなかった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。