ブックオフが社長交代 業績不振で 堀内取締役が昇格

2017.4.10 16:32

 中古本販売大手のブックオフコーポレーションは10日、松下展千社長(48)が代表権のない取締役に退き、堀内康隆取締役執行役員(40)が同日付で社長に昇格したと発表した。経営体制の変更により、「業績の早期回復および企業価値の向上を図る」としている。

 同社は主力の書籍やソフトの販売が不振で、業績が低迷。1月27日に2017年3月期連結業績予想の下方修正を発表し、最終損益を従来予想の3・5億円の黒字から13億円の赤字に引き下げた。

 堀内氏はコンサルティング会社出身で、2006年にブックオフコーポレーション入社。ブックオフオンライン社長などを歴任し、09年から取締役執行役員。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。