【ドローンタイムズ】第2回ドローン・ムービー・コンテスト2017

グランプリに輝き盾を手にする佐々木光洋さん(左)とデジタルハリウッドロボティックスアカデミーの杉山知之学長=3月23日、千葉市の幕張メッセ
グランプリに輝き盾を手にする佐々木光洋さん(左)とデジタルハリウッドロボティックスアカデミーの杉山知之学長=3月23日、千葉市の幕張メッセ【拡大】

 ■グランプリに佐々木光洋氏

 ドローンを取り入れた動画作品のコンテスト、「第2回ドローン・ムービー・コンテスト2017」の受賞作品が3月23日、「ジャパン・ドローン2017」で発表された。グランプリには佐々木光洋さんのフィリピンの火山をテーマにした「Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial Shoot」が選ばれた。

 今回の応募作品は昨年の約4倍にあたる122点。作品は3分以内、全体の50%がドローンで撮影されていることが条件で、JUIDAの安全ガイドラインを満たして撮影されていること、映像作品としての芸術性が高いこと、技術的な先進性があることなどを基準に審査された。

 最終選考には8作品が残り、佐々木さんがグランプリの栄冠を手にした。佐々木さんは授賞式で「ヒルに食われるなど山頂へのアプローチは大変だったが、魚眼レンズを使い火口に寄って撮影でき報われた」と撮影の裏話を交え受賞の喜びを語った。

 各審査員の総評では、最終選考に残った8作品はいずれもレベルが高いと評価。「今後はよりテーマ性、ストーリー性を作品に求めたい」と次回以降の課題も提起した。

                   ◇

 ■第2回ドローン・ムービー・コンテスト2017結果

 ▼グランプリ:佐々木光洋さん

 『Kanlaon Volcano(Canlaon) Aerial Shoot』

 ▼準グランプリ:梅津和音さん

 『KAGOSHIMA NEVERLAND』

 ▼審査員特別賞・請川賞:福耕一郎さん

 『Best place to go with you』

 ▼同・ドローンタイムズ賞:竹内佳嗣さん

 『Powerplant IM』