東芝不正で損失の信託4行が提訴 182億円賠償請求

2017.4.21 05:48

 経営再建中の東芝は20日、2015年に発覚した不正会計で株価が下落し損失を被ったとして、国内の4信託銀行から計182億円の損害賠償請求を受けたと発表した。東芝が提訴された件数は計20件となり、賠償額の合計は500億円を超えた。

 4行は日本マスタートラスト信託銀行、日本トラスティ・サービス信託銀行、資産管理サービス信託銀行、野村信託銀行。訴訟は2件に分かれており、3月28日に東京地裁へ提訴した。

 東芝は16年4~12月期決算にこれまでの提訴で想定する賠償額として約100億円を損失として引き当てている。今回の提訴についても今後、合理的な額を決算で損失計上する方針だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。