正義のハッカーに応募殺到 政府の育成プログラムに定員の9倍 (1/2ページ)

2017.5.3 06:04

情報通信研究機構が全国で実施しているサイバー防御演習の様子
情報通信研究機構が全国で実施しているサイバー防御演習の様子【拡大】

 サイバー攻撃を防ぐ技術を持った人材「ホワイトハッカー」を育成する政府の取り組みが動き出す。「ナショナルサイバートレーニングセンター」が新たに始める人材育成プログラムの受講者を募集したところ、4月末の締め切りまでに、40人程度の定員に対して約9倍の応募があったことが2日、分かった。実際にあったサイバー攻撃の貴重なデータを使って技術を向上させられるほか、1年間の育成期間後、その技術をソフト開発や起業に応用できることなどが人気の背景にある。

 同センターは、総務省が所管する研究機関「情報通信研究機構」(NICT、本部・東京都小金井市)内に4月1日に設置された。サイバー攻撃の脅威が増している中、国全体のサイバーセキュリティー能力の底上げが目的で、その業務の柱の一つが人材育成だ。

 プログラムでは、国内に住む25歳以下を対象に4月3~28日まで募集したところ、359人の応募があった。会社員や大学生・大学院生、高専生らで、10代の応募者もいるという。目立った周知活動はしておらず、口コミなどで伝わったとみられ、同センター幹部は「予想以上の応募数だ」と驚く。選定を進めており、今月12日までに受講者を決定して通知し、月内にもスタートする。

「学生は無料」で応募者殺到

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。