中小資金調達に新たな手法 株式投資型クラウドファンディング、わずか3時間半で上限達成 (1/2ページ)

2017.5.9 06:09

株式投資型クラウドファンディングの募集終了を伝えるホームページ画面。開始からわずか3時間半で上限応募額に達した
株式投資型クラウドファンディングの募集終了を伝えるホームページ画面。開始からわずか3時間半で上限応募額に達した【拡大】

 非上場株式を発行して個人投資家に出資を募る株式投資型クラウドファンディング(CF)が好スタートを切った。4月下旬に募集があった第1号案件では、開始からわずか3時間半で上限応募額に達した。インターネットを通じて、多くの人から少額ずつ集める手法が浸透すれば、金融機関の融資が中心だった中小・ベンチャー企業の資金調達に新たな道が開かれる。

 第1号案件では請求書データ共有サービスを提供するBank Invoice(バンクインボイス、東京都中央区)が1株40円、上限応募額1500万円で出資を募った。8日は、応募した89人のうち売買契約が成立した87人からの入金が始まり、総額1460万円を調達する。1人当たりの投資額は17万円弱だった。

 バンクインボイスと投資家をつなげたのが、株式投資型CFの運営業者として昨秋に日本で初めて登録された日本クラウドキャピタル(同品川区、JCC)。自社で開発した株式投資型プラットホーム「ファンディーノ」を活用した。

 バンクインボイスは、目標額500万円は紙やPDFで送付していた請求書をクラウド上で相手先企業と共有するシステムの改善に充当すると説明。上限応募額の達成時には、海外特許出願手数料に800万円、セキュリティー対策費に200万円を使うとしていた。

「2カ月に1件程度のペースで募集をかけていく」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。