【トップは語る】沖縄セルラー電話 新規事業の水耕栽培機器 地元に貢献 (1/2ページ)

2017.5.12 05:00


【拡大】

 □沖縄セルラー電話社長・湯浅英雄さん(61)

 --昨年6月に社長に就任した。沖縄県内の携帯電話シェアなどの事業環境は

 「コアの携帯電話事業はシェアが半分で順調だ。だが、格安スマートフォン事業者などとの戦いの中で成長し続けるのは難しいので新規事業を募集したところ、水耕栽培機器などで地元の役に立てるのではと考えた」

 --3月20日に、通信会社では初めての水耕栽培機器「やさい物語」を発売した

 「当社にはKDDIが51%出資しているが、NTTドコモやソフトバンクが東京の出先なのとは違い、地元の企業だ。台風で露地物野菜が作れない気候なので、地元でお役に立てるように、通信と同じくいつでも安定して新鮮な野菜を提供できる機器を開発した」

 --県内以外への販路は

 「基本的には当社のネット通販サイト『沖縄特産品本舗』で販売する。東南アジアや中国などに輸出したい考えもある。県内では『auショップ』でも販売したい」

 --販売台数の目標は

 「当面、まずは5000台を限定販売するので、すぐに追加して1万台までは行きたい。要望があれば全国の『auショップ』にも置きたい」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。