DeNA、情報サイト著作権侵害 法令順守へ今月末に改善策

記者会見するディー・エヌ・エーの守安功社長。左は南場智子会長=11日午後、東京都渋谷区
記者会見するディー・エヌ・エーの守安功社長。左は南場智子会長=11日午後、東京都渋谷区【拡大】

 IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)の守安功社長は11日、同社の情報サイトで画像の盗用が多数見つかるなどした問題で、今月末をめどに法令順守に向けた改善策を公表すると明らかにした。

 サイト再開については「かなり自信を持てる状況にならないと厳しい」と述べ、現在も未定だと説明した。

 東京都内の本社で開いた決算発表の記者会見で明らかにした。同席した南場智子会長は「サービスや事業を通して信頼を回復していきたい」と述べ、経営陣や従業員の意識改革に取り組むことを強調した。

 情報サイト事業では、第三者委員会が3月に公表した報告書で、最大で記事約2万本、画像は74万件余りで著作権侵害の疑いが指摘された。

 DeNAの2017年3月期連結決算は、売上高が前年比0.1%増の1438億円、最終利益が約2.7倍の308億円だった。任天堂と提携して配信したスマートフォン向けゲームが好調だった。