【Jトラスト インドネシア戦略】(4)簡易営業拠点を全国展開 (1/2ページ)

2017.5.18 05:00

クボタ農機具を扱う販売代理店の一角を借りて割賦販売事業を行うGLFIの社員=ジョクジャカルタ市クラトン
クボタ農機具を扱う販売代理店の一角を借りて割賦販売事業を行うGLFIの社員=ジョクジャカルタ市クラトン【拡大】

  • カラワン工業団地内に6月に開設するカフェテリア併設支店=西ジャワ州カラワン県

 ■カフェ併設支店も新設

 ジャワ島中部南岸に位置する古都、ジョクジャカルタ市の中心部から東へ車で約3時間走った農村地帯に、クボタの農機具を扱う販売代理店が現れた。

 ここには代理店社員のほか、Jトラストグループの割賦販売金融会社、グループリースファイナンスインドネシア(GLFI)の社員2人が間借りする格好で常駐。ユニホームの背中に書かれている「Fast」の文字通り、リースでの農機具購入を希望する農家に対し迅速審査で対応している。

 こうした営業姿勢を代理店、農家とも評価。代理店の担当者ルディアント・ラハルジョ氏は「融資決済が早いので取引しやすい。収穫量を増やしたい農家が購入していくので農機具が足りず納入待ちの状態だ。GLFIと組んでよかった」と喜ぶ。

 ◆期待の“大型新人”

 約1ヘクタールの田畑を持つ農家のジョコ・ウィヨノ氏は昨年12月、トラクターを頭金80万円、残り200万円をリースで購入した。「収穫期は年3回あり、他人の田畑にも収穫に有料で行くので収入は4倍に膨らんだ。1年で回収できる」と満面の笑みを浮かべた。

 インドネシアの農家は所得が低く、クボタの農機具はローンでなければ購入できない。GLFIが割賦販売することで、水牛や人手に頼っていた農作業を大幅に効率化できる。収入が増えるので生活水準も向上する。GLFIのオペレーションマネジャー、アンドリス・バクティア氏は「代理店、クボタ、われわれ、さらに農家の四方よし」と誇らしげに語った。

 「POS」と呼ばれるこうした簡易営業拠点は24まで増え、融資残高は昨年9月の事業開始から半年強で1000億ルピア(約8億5000万円)の大台を超えた。延滞債権は4月末時点でゼロという。GLFIを共同で設立したタイの上場企業、グループリース(GL)が東南アジアで蓄積した与信コントロールのノウハウを生かしているからだ。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。