【Jトラスト インドネシア戦略】(5)3~5年で東南アジア制覇 (1/2ページ)

2017.5.19 05:00

旧体制から脱却を図るため2016年12月に就任したBJI役員。中央が安藤律男頭取
旧体制から脱却を図るため2016年12月に就任したBJI役員。中央が安藤律男頭取【拡大】

  • Jトラストの藤澤信義社長

 ■藤澤信義社長 リテールを主戦場に

 2014年11月に買収したインドネシア地場銀行(現Jトラスト銀行インドネシア=BJI)の再生にめどをつけたJトラストの藤澤信義社長に今後の事業展開などを聞いた

 ◆初の黒字化

 --BJIの再生に向けた評価は

 「最初の1年間は、当初の派遣メンバーが思った成果を上げられなかった。そこでアジアで実績を持つ日本人(安藤律男BJI頭取)をトップに起用。ポートフォリオの入れ替えや不良債権の抑制などに取り組み、リテールファイナンスで勝負していく態勢を整えていった。そのかいもあって17年1~3月期に四半期ベースで初めて黒字化。まだ万全ではないが、不良債権が発生しなければ月次ベースで黒字を計上できるようになってきた」

 --リテール戦略は

 「日本の銀行はインドネシアに進出しても日系企業と華僑を相手にするだけで、リテールに出ていかない。われわれはこうした日系銀行のビジネスモデルとは違い、リテールを主戦場とする。Jトラストグループの成長の源泉となってきた消費者金融事業は韓国でも成功した。その経験を生かす。この一環として、マスマーケティング活動による『攻め』の営業を開始、17年は広告費として5億円を投じる。18年も広告費を増やしていく。個人顧客の取り込みによる資金調達コストの引き下げが狙いだが、認知度が向上し好業績につながればいい」

 ◆POSに店舗機能

 --リテール戦略に不可欠な店舗網は

 「17年は地方主要都市に支店を新設する一方で、拠点整備が難しい地域にはPOS(簡易営業拠点)をネットワーク化し店舗機能を持たせる。基幹システム(コアバンキング)が稼働すれば、モバイルバンキングも使えるようになり代理店網として活用できる。われわれのインドネシアにおけるポテンシャルは相当高いといえる」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。