ソニー20年ぶり完全復活迫る エレキ再生が鍵、営業益5000億円継続目指す (1/3ページ)

2017.5.24 06:20

経営方針を説明するソニーの平井一夫社長=23日午前、東京都港区
経営方針を説明するソニーの平井一夫社長=23日午前、東京都港区【拡大】

 ソニーの完全復活が目前に迫ってきた。平井一夫社長は23日、東京都内で開いた2018年3月期の経営方針説明会で、継続的に5000億円規模の連結営業利益を稼ぐ体制を目指す考えを示した。ソニーは同期の連結営業利益について、過去2番目となる5000億円と見込んでおり、達成すれば20年ぶりとなる。ただ、持続的な高収益の実現には、復活を遂げつつあるエレクトロニクス事業の本格回復や映画事業の立て直しなど課題も多い。

 スマホ事業も黒字化

 「社長就任後の5年間で目標を十分狙えるだけの力がついてきた」。平井社長は23日の会見で強調した。

 12年3月期に営業赤字に転落したソニー。その直後にトップに就任した平井社長はエレキ事業の分社化やパソコン事業の売却など構造改革に奔走してきた。肝になったのは「規模を追わず、違いを追う」指針だ。

 例えば、テレビ事業は量の拡大を志向した結果、05年3月期から10年間で計8000億円の損失を計上する最大の課題事業だった。これに対し、高価格帯の顧客に狙いを絞り、販売台数を下げて固定費減などを断行し15年3月期に黒字化した。

ソニー復活の大きな要因は「エレキの事業の再生」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。