BGM利用店にJASRACが法的措置

2017.6.14 05:00

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は13日、店舗のBGMとして楽曲を利用しながら音楽著作権の手続きをしていない美容室や服飾店など26都道府県の352店舗に、著作物使用料の支払いを求め、各地の簡裁に民事調停を申し立てた。JASRACによると、全国一斉の法的措置は2015年から実施し、今回が3回目。手続きの催促に応じなかった店舗を対象とした。近年は携帯音楽プレーヤーなど音源が多様化し、不払いの施設が増えているという。民事調停は金銭の貸し借りなどを話し合いで解決する簡易な裁判手続き。通常の訴訟に比べ、費用も安い。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。