【タカタ会見詳報(2完)】負債総額「現時点では…」 1年半ぶりの会見「申し訳ない」 (1/3ページ)

2017.6.26 16:32

欠陥エアバッグのリコール問題で経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した件で会見した、タカタの高田重久会長兼社長(右から3人目)=26日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)
欠陥エアバッグのリコール問題で経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した件で会見した、タカタの高田重久会長兼社長(右から3人目)=26日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)【拡大】

  • 欠陥エアバックのリコール問題で経営が悪化し、民事再生法の適用を申請した件で会見する、タカタの高田重久会長兼社長=26日、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 --負債総額は3800億円とのことだが、トヨタは「タカタに対するリコール費用の求償債権が5700億円に達する」と発表している。最終的な負債総額はいくらになるのか

 高田会長兼社長「3800億円は、(あくまで)3月期決算で示した負債総額の合算数字だ。リコールに基づく負債がどれくらいに上るか、なかなかわからないという特殊事情がある。自動車メーカーと協議がまとまっていないためだ。したがって決算数字では合理的な見積もりができていない。一方で、民事再生手続きに入ると負債額を確定する手続きがある。自動車メーカーから再建が届け出され、それが認められるかどうか、という手続きの流れになる。したがって、今の時点では3月期決算の数字しか申し上げられない」

 --概数としては1兆円を超えるか

 「再生手続きの中で固まっていくので、概数も現段階では認識していない」

 --リコール製品の回収率は世界で何割くらいか

 清水取締役「具体的な数字がなかなかつかめていない。メーカーではある程度つかんでいると思うが、国交省の発表によると日本国内なら回収率72~73%。米国は約36%と聞いているが、その他の国については具体的につかんでいない」

 「今後スポンサーが付いた時点で、PSAN(相安定化硝酸アンモニウムを使用した)インフレーター(ガス発生装置)をどうやって供給していくか。今のところ、PSANインフレーターの生産は2020年3月までにすべて終了すると見積もっている。スポンサーが付き、新生の会社になった後のPSANインフレーター供給は、現在のタカタからスピンアウトした仮名『リストラクチャド・タカタ社(RTK)』が、20年3月までリコールに必要な生産を続ける計画だ」

経営責任をどう総括するのか

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。