慶大、次世代交通システム構築へ意欲 超高速鉄道のライバル「ハイパーループ」 (1/3ページ)

慶大SDMの学生が開発した「ハイパーループ」用のポッド(車体)(慶大SDM提供)
慶大SDMの学生が開発した「ハイパーループ」用のポッド(車体)(慶大SDM提供)【拡大】

 リニア中央新幹線に代表される超高速鉄道のライバルとなる可能性がある「ハイパーループ」。米宇宙ベンチャー、スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が2013年に提唱した次世代交通システムだ。早期実現を目指して15年に始まった学生向け技術コンペに、日本から唯一、慶応大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)の学生が参加。米国時間の27日、米ロサンゼルスで開かれる2次コンペに向けて準備を進めている。

 低コストで車体開発

 スペースXが世界中の大学生を対象にした技術コンペ「ハイパーループ・ポッド・コンペティション」には、約120チームが参加。16年1月の1次審査「デザインステージ」を通過したのは「日本は慶大SDMだけだった」(狼嘉彰顧問)。この時点で絞り込まれたチームを含め、今年1月にロサンゼルス国際空港近くで開かれた1次コンペは約30チームが競い合った。

 慶大SDMが開発したポッド(車体)は、全長1メートル、重さ24キロ。常温の永久磁石を使い、極低温の超電導磁石よりも低コスト化した。コンペで敷設されるレールはアルミニウム製で、リニアのような電磁石のコイルはない。そこで家庭用電力計の金属板が回転する渦電流の仕組みで、ポッドを浮上させた。

渦電流とは

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。