オフィスの使われ方IoTで見える化 清水建設とNTTテクノクロスが実証実験 (1/2ページ)

オフィスの使われ方の見える化の画面例
オフィスの使われ方の見える化の画面例【拡大】

 清水建設とNTTテクノクロスは8月29日、IoT(モノのインターネット)基盤とビッグデータを活用し、オフィスの使われ方を見える化する共同実証を実施すると発表した。期間は2017年9月~2018年3月の7カ月間を予定しており、NTTテクノクロスの横浜事業所(横浜市西区)において行われる。

 今回の取り組みでは、清水建設が開発した「施設内IoT基盤システム」と、NTTテクノクロスが取り扱うデータ解析・見える化システム「Yellowfin(イエローフィン)」を活用。施設内IoT基盤システムを介してIoT無線センサーが計測した、人やモノの動きに関するデータを集積してビッグデータ解析を実施し、イエローフィンにより解析結果を見える化する。またデータ解析には、ビッグデータを効率よく扱えるオープンソースソフトウエアの検索エンジン「Elasticsearch(エラスティックサーチ)」を採用した。

 使用するIoT無線センサーは約50台で、打ち合わせスペースの机や階段、通路には人感センサーを、いすには振動センサーを設置。また、トイレの各ブースにはドアの開閉センサーを設置し、各執務スペースの利用人数や利用時間帯、利用頻度などの各種データを計測して見える化する仕組みだ。

 例えば、打ち合わせスペースの使われ方については、よく利用される時間帯や曜日、1回の打ち合わせにかかる時間、机やいすの利用頻度などをグラフィカルに表示する。

結果を踏まえ、打ち合わせの曜日や時間帯を設定

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。