利用者最多は「ユーチューブ」、収益では「ショールーム」 動画配信アプリの上期ランキング

 米アプリ調査会社アップアニーは12日、スマートフォンなどで視聴できる動画配信アプリの今年上期(1~6月)の利用者数と収益のアジア各国のランキングをまとめた。日本では、利用者数は動画投稿の「ユーチューブ」が最多。収益は実況動画などを通して配信者と視聴者のコミュニケーションを促す「ショールーム」が首位だった。

 利用者数は、インドや韓国などでも首位はユーチューブ。日本では、サイバーエージェントなどが運営する「アベマTV」が前年同期の2倍超に膨らんで2位になるなど、多チャンネルのアプリが人気という。日本での収益は、ディー・エヌ・エー(DeNA)系のショールームや、ツイットキャスティング・ビュワーなど双方向性を掲げるものが強い。

 中国では、無料と有料会員制を組み合わせ、映画などが視聴できるアプリが上位にきている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。