「貧者の銀行」日本に進出 グラミン日本、無担保融資で就労支援 来夏から運営

 貧しい人に無担保で少額を融資し生活向上を手助けする「貧者の銀行」として知られるバングラデシュのグラミン銀行が、日本進出を検討していることが18日までに分かった。お金は就労にかかる経費など自立のために使うことを条件とし、働く意欲を後押しする。今年8月に準備組織を設立しており、来年夏の「グラミン日本」の運営開始を目指す。

 金融を通じた貧困女性らの救済が評価され、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の創設者、ムハマド・ユヌス氏が今年2月に来日。世界銀行での勤務経験があり、貧困層向け小口融資に詳しい明治学院大大学院の菅正広教授と「グラミン日本」の設立で合意した。

 菅教授は「日本は人口の6人に1人に当たる約2000万人が貧困ライン以下で生活している」と述べ、グラミン銀行に対する潜在的な需要があると説明した。

 対象は、働く意欲と能力のある人で、生活保護の受給資格者を含む低所得者、シングルマザーら。既に運営しているバングラデシュや米国などと同様に、5人一組の互助グループをつくってもらい、無担保でお金を貸し出す。グループのメンバーは他の参加者の連帯保証人にはならないが、返済が滞れば他の人がお金を借りにくくなるなどの連帯責任を負う。逆に返済が順調なら融資額を増やすこともある。

 今後、日本社会の実態に合うように詳しい貸し付け条件などを検討し、開業に必要な金融当局への手続きを進める。資金は投資家などから調達する。融資期間は6カ月または1年とし、最高20万円から始める方向で、できるだけ低い金利で融資するという。

 融資を受けた人や希望する人は、週1回の「センター・ミーティング」に参加し、金融知識を学んだり、就労や起業のサポートを受けたりする。利用者には少額でも毎週、貯蓄するよう奨励していく方針だ。