ソフトバンク、来月から社員の副業許可 本業の活性化が狙い

ソフトバンクの孫正義社長
ソフトバンクの孫正義社長【拡大】

 ソフトバンクは11日、来月から就業規則を改定し、会社の許可を前提に社員の副業を認めると発表した。働き方改革の一環で、社外活動を通じて新しいアイデアやノウハウを得て、本業の活性化につなげる狙い。エンジニアが社外でアプリ開発やプログラミング、研修講師を務めるなどして本業のスキルアップにつなげたり、NPO法人理事を務めて社会貢献するなどを想定している。

 社員の副業については、ロート製薬が制度導入するなど容認する企業が増えているが、従業員1万人規模の企業では珍しいという。