ZOZOTOWNの送料、「自由化」でどうなった? “ケチった”のはあの県のユーザー

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で、商品購入時の送料を、0円~3000円の範囲で顧客が自由に設定できる「送料自由化」の実験が行われている。スタートトゥデイによると、送料が「0円」に設定された注文は、10月1日~22日までの約3週間で43%。設定された送料の平均は96円だったという。都道府県別の平均送料ランキング(都道府県は届け先住所から算出)も公開した。

平均送料の都道府県別ランキング

平均送料の都道府県別ランキング

 ランキングによると、平均送料が一番高かったのは福島県(111.73円)、2位は岩手県(111.08円)、3位は青森県(110.79円)。山形県が6位(105.63円)、秋田県が7位(105.61円)につけており、東北エリアは宮城県(30位、96.39円)以外ベスト10に入った。

 平均送料が最も安かったのは、奈良県(86.05円)。次は大阪府(88.68円)、兵庫県(88.78円)、滋賀県(89.02円)、京都府(90.48円)--という順で、安い順では関西の府県がベスト5を占めている。

 東京都は20位(99.341円)だった。

 ZOZOTOWNの送料は従来、購入額が4999円(税込)以上なら無料、未満なら399円だったが、10月1日からは、顧客が自由に指定可能に。100円~1500円の範囲(100円単位)で選べるほか、0円~3000円まで1円単位で設定できるようになった。送料の実質額を上回った分は「今後の物流サービス拡充のための軍資金として有効利用する」としている。