【スポーツbiz】「野球少年の夢」育む球団経営に道 (1/3ページ)

米大リーグ挑戦を表明したプロ野球日本ハムの大谷翔平選手=11日、東京・内幸町の日本記者クラブ
米大リーグ挑戦を表明したプロ野球日本ハムの大谷翔平選手=11日、東京・内幸町の日本記者クラブ【拡大】

 プロ野球・日本ハムの大谷翔平選手が、正式に、このオフの米大リーグ挑戦を語った。

 背番号11にちなんだ11月11日午前11時、東京・内幸町の日本記者クラブ。「野球をやっている以上は、プレーしている中で一番の選手になりたい」との決意に、改めて拍手を送った野球ファンも少なくないだろう。

 “元手”回収はまだ

 球団側からみれば、正直に言えば“元手”を取り返してはいない。入団5年で伸び盛りの23歳。今季5位に低迷、来季に再浮上をかけるチームに戦力面での痛手は計りしれない。しかも「投打二刀流」という売り物を引っ提げた人気の主力選手退場は、観客動員という球団経営の根本を揺るがしかねない。

 今週中にも改定案が示される新ポスティング制度で、球団に入る譲渡金の上限2000万ドル(約23億円)に変化はない。球団側が移籍に理解を示しやすい理由ではあるが、それにしても大きな決断だといっていい。

 大谷の会見に先立つ10日、日本ハムの竹田憲宗球団社長は容認の理由をこう述べた。「ファイターズだけではなく、日本の宝として、夢の実現に背中を押してあげるのが球団の方針」

 「方針」は2012年秋、岩手・花巻東高からドラフト1位で指名、入団が決まったときに定まった。高校から直接、大リーグ挑戦を熱望する大谷に、球団が提示したのは「投打二刀流の支援」と「近い将来の大リーグ挑戦後押し」であった。

 「あの日」から「この日」に向けて、まさに球団をあげたプロジェクトである。「二刀流」への批判には心ない言われ方も少なからずあったと聞く。

大谷を支援する背景に球団の大リーグへの深い理解