即時買い取りサービス「メルカリNOW」開始 サーバーわずか17分でダウン

メルカリが27日から始めた新サービス「メルカリナウ」の画面。ブランドのバッグなどを撮影するとすぐに買い取り金額が表示される。
メルカリが27日から始めた新サービス「メルカリナウ」の画面。ブランドのバッグなどを撮影するとすぐに買い取り金額が表示される。【拡大】

 フリーマーケットアプリ運営最大手のメルカリは27日、洋服などのブランド品を即時買い取りするサービス「メルカリNOW(ナウ)」を始めた。メルカリのアプリ内で売りたい品を分類して撮影するだけで買い取り金額が表示され、OKすればすぐに登録した銀行口座に振り込まれる。従来のメルカリに比べて即座に不要品を換金できるのが特長で、初日からアクセスが殺到。開始十数分でサーバーが一時ダウンした。

 メルカリナウは、メルカリアプリ内の「NOW」のタブを選ぶと使える。ブランド名や新品か中古かなどを登録した上で品物を撮影すると、メルカリの過去の取引履歴をもとに金額が査定される。品物はメルカリ子会社が2週間以内に集荷して買い取り、メルカリのアプリで販売される。盗品が売り出されるなど不正利用が相次いだ事態を踏まえ、本人確認をはじめとする改善策も盛り込んだ。

 メルカリのアプリでは、売買が成立した品物の約半分は出品後24時間以内に売れている。こうした即時性や出品の手軽さでダウンロード数を拡大してきたが、出品者と購入希望者間の値下げ交渉や配送の手間などへの不満の声もあった。

 開発責任者の石川佑樹氏は「より高く売れるメルカリとすぐに売れるメルカリナウで使い分けてもらえれば」と話す。

 スマホの即時買い取りアプリをめぐっては、6月にサービスを開始した「CASH(キャッシュ)」が売却希望者殺到で1日でサービスを停止した例がある。そのため、メルカリナウは先着順に1日当たり合計1千万円を買い取ると、その日のサービスを終了し翌日午前10時に再開する。アクセス殺到に予防線を張ったが、それでも初日は開始から17分でサーバーが一時ダウン。午後3時から再開したものの、午後5時50分ごろに1千万円に達した。