三菱マテ子会社社長が更迭、東レ子会社社長は引責辞任、検査データ改竄で

三菱マテリアル本社の入る経団連会館=東京都千代田区(桐原正道撮影)
三菱マテリアル本社の入る経団連会館=東京都千代田区(桐原正道撮影)【拡大】

 三菱マテリアルと東レは1日、製品検査データの改(かい)竄(ざん)を行った子会社社長を同日付で更迭する人事をそれぞれ発表した。ともに親会社から後任を送り、監督を強化する。神戸製鋼所に端を発した一連の品質不正でトップの辞任は初めて。

 三菱マテ子会社の三菱電線工業(東京)の村田博昭社長(60)は取締役に降格。後任には三菱マテの高柳喜弘執行役員(54)が就いた。交代理由は「経営体制の充実と強化を図るため」としているが、事実上の更迭とみられる。

 三菱電線は航空機などに使われ、油や水の漏れを防ぐ「シール材」で、検査データを改竄して出荷していた。2月の不正発覚後、10月23日まで不適合品を出荷しており、村田氏は11月24日の記者会見で「不具合があるかもしれないと認識しながら出荷を続けた」と認めていた。

 三菱マテは特別調査委員会を1日付で社内に設置。子会社調査委の原因究明を監督するほか、グループ全体の再発防止策をつくる。社内外の計5人が委員に就任した。

 一方、東レ子会社の東レハイブリッドコード(THC、愛知)の鈴木信博社長(64)が辞任し、後任に東レの青木正博生産技術第1部長(56)が就いた。鈴木氏は常勤嘱託社員に退いた。

 THCは、タイヤの補強材などでデータを改竄していた。東レは「引責」と認め、THCへの監督強化が交代理由とした。