「子供の未来」、元世界王者が体験談 社会貢献団体機構、札幌でフォーラム

 平和で住みよい社会づくりに貢献する事業への助成や社会貢献活動の顕彰を行う、全日本社会貢献団体機構(母体は全日本遊技事業協同組合連合会)は11月12日、札幌市中央区の道新ホールで社会貢献フォーラムを開催。同機構と同じく主催を務めた北海道新聞社などが告知を行い約300人が集まった。『地域が支える子どもの未来~スポーツとあそびで育む心と絆~』をテーマに開催された今回のフォーラムは、第36代WBC世界フライ級チャンピオンでタレントの内藤大助氏をメインゲストに迎えた。

 第1部では内藤氏と北海道文化放送アナウンサーの中野涼子氏が「スポーツが変えた心」と題して講演。母子家庭で育った内藤氏は、子供の頃から母は厳しかったと振り返り、日本王者になったときも「世界王者があるじゃないの」と叱咤激励されたエピソードを披露。また、厳しい練習を耐え抜き、日々の努力を積み重ねた結果、多くの人に支えられながら世界王者に上り詰めることができた経緯に触れ、スポーツを通した心と絆の重要性を伝えた。

 第2部は内藤氏に加え、北海道教育大学岩見沢校の山本理人教授、北海道新聞社事業局事業センターの荒木太郎部長、札幌方面遊技業協同組合の合田康広理事長が登壇。「地域が支える子どもの未来」についてディスカッションを行った。

 一方、サミー(東京都豊島区)は11月26日、埼玉県川越市で開催された「小江戸川越ハーフマラソン2017」(川越市・埼玉陸上競技会主催)に特別協賛。里見治紀社長はじめ、グループから約100人の社員、招待ランナーらが大会に参加した。(ニュース提供・LOGOS×娯楽産業)