ランボルギーニ初のSUV「ウルス」発表 650馬力のモンスター

ランボルギーニ初のSUV「ウルス」
ランボルギーニ初のSUV「ウルス」【拡大】

 伊Lamborghini(ランボルギーニ)は12月4日(現地時間)、同社初のスポーツタイプ多目的車(SUV)「ウルス」(Urus)を2018年春に発売すると発表した。国内価格は2574万円(税別)。

 スーパースポーツカーで知られるランボルギーニ初のSUV。4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは650HP、850Nmを発揮し、0~100キロ加速は3.4秒、最高時速は305キロという

 クーペ型の流れるようなスタイルを採用。トルクベクタリングを併用する4輪駆動と4輪操舵による優れたハンドリング、カーボンセラミック製ディスクブレーキ、アダプティブエアサスペンション、アクティブなロール制御機構などで安全性と快適性も実現しているという。

 ボディーサイズは5112(全長)×2016(全幅)×1638(全高)ミリ。エアサスにより地上高は158~248ミリの間で可変。重量は2200キロ。