再雇用の上限年齢撤廃 働く意欲あれば希望する年齢まで勤務可能に 福井の老舗繊維メーカー

 セーレン(福井市)は定年後の再雇用の上限年齢を撤廃すると発表した。働き方改革の一環で、セーレン単体で4月からの導入を目指し、グループ会社でも順次導入する方針。希望する年齢まで働ける環境を整え、人手不足と技能継承の課題に対応するという。

 セーレンは60歳定年で、現在、再雇用の上限を65歳と定めている。新制度では希望者に働く意欲があり、支障が出ない限り勤務できるようにする。

 同社は明治22年創業の老舗繊維メーカーで、蓄積してきた膨大な技術の若手への継承が課題になっている。また、同社の川田達男CEOは福井商工会議所の会頭を務めており、高水準の有効求人倍率を背景に、深刻化が見込まれる県内の人手不足への対応を率先して示す考えもあるという。

 このほか、女性活躍社会への対応として、従業員の勤務地域選択制度やテレワークなどの導入も検討するとしている。